紅はるか

1.味作りのドン、ここにあり

農業生産法人(有)常澄農作業支援センター 代表取締役会長 田口 勝信

紅はるかを生み出すにあたっても、茨城では2種類しかない芋を100種類以上のさつまいもを試した。麦大豆をやっていて、連作回避のために芋作りを始めた。と、同時に、さつまいも加工の話が舞い込んだことも理由の一つとなる。干し芋といえば、「玉豊」が王道だが、できあがりの見栄えの良さをよりこだわっていくと、色んな芋を試したくなった。3年のスパンで試行錯誤し、10年かかって今の色、味になった。特にね~んだけど。おいしいものができると嬉しいなぁ~。ある程度は原料次第になるんだが、とにかく色のいい、鮮やかでおいしいもの作りたい。

2.紅はるかが、ただの干し芋とちょっと違う理由

干し芋の生産量、茨城県が全国トップ。今、注目の干し芋 紅はるか。自然条件に極力近づけた干し芋乾燥機で、完全天日干しの甘さの再現とコスト削減に成功。手作業で干し芋を切り分け、並べ、乾燥機にかけ、手間暇かけて大切に作られている。

3.干し芋のおいしい食べかた

  • そのまんま なんだこの干し芋は!感動の味わい。
  • あぶって 甘味が増したところでマーガリンやバターで食らう。
  • あげて てんぷらにして弁当のおかずにも。

「紅はるか」商品一覧

紅はるか 丸干し芋 3個セット
2,940円(税込)

商品詳細を見る

紅はるか 平干し芋 3個セット
1,950 円(税込)

商品詳細を見る

紅はるか 丸干し芋、 平干し芋
各2個セット
3,260円(税込)

商品詳細を見る

星いも (紅はるか)
1,300 円(税込)

商品詳細を見る

【ガールズ&パンツァー】大洗女子学園 生徒会 御用達干し芋 特典2種付!
2,500 円(税込)

商品詳細を見る

【ガールズ&パンツァー】HOSHIIMO
1,200 円(税込)

商品詳細を見る

Page Top